首の話

首が痛くなると言えば、こちらの僧帽筋の話がよく出てきます。

実際に、縮み込んでいるのはここの筋肉なのですが、立体的についているのでこの筋肉はフード付きの洋服を着ているように覆って付着して首や肩に痛みが出る状態になっています。

 

首や肩が痛い方は、このフードの部分をめくり上げる(脱げるようなイメージ)を持つと痛みが緩和してきやすいです。

 

では、どのようにフードをめくり上げるかというと、フード付きのパーカーの前面部にチャックがついている洋服をイメージしてください。

前面部のチャックの部分は、横の剣状突起、胸骨という部分です(オレンジ色部分)。

このチャックの部分が動くようにその付近についている筋肉を緩めたり、肋骨や胸骨自体を動かせるように想定していくと良いです。
 

前のチャックの部分は、胸の前のマッサージだったり脇の部分のマッサージだったりしますが、それでも僧帽筋がなかなか動かない理由はこちらにあるアゴのラインと胸鎖乳突筋というあたりなのです。

このラインは、やはり、鎖骨の上のあたりにつきやすくなっているので、鎖骨と胸骨のあたりがかたいと、大きく下に引っ張り下げるようにできています。
なので、呼吸やマッサージで鎖骨や胸骨が「たわむ」というイメージがあればいいなぁと思います。
胸鎖乳突筋はすごく強くて、付着部が頸板状筋という首に作用する筋肉とお隣さんです。
前に引っ張られると首も強く締め付けるということが起こりやすいです。
まとめますと、胸の前や、首の前の開放的な動きが首の後ろを緩めるのに大いに必要なことだということが言えます。

スポンサーサイト

コメント